みそのVOICE

【埼スタ花図鑑】6月は梅雨空を彩る紫陽花に癒されて

2020.06.05みそのVOICE暮らしおでかけ

こんにちは。美園人サポーターのこたにです。

6月になりました。気温も湿度も高い日が増えてきます。今年は梅雨入りが早いという予報も聞きましたが、そんな季節でも心を和ませてくれるのが、こちら。

青と紫のコントラストが美しい埼スタの紫陽花

埼スタの紫陽花です。

可愛らしいピンク色も

5月下旬から徐々に花が咲き始めるのですが(と言っても紫陽花の場合、正確には花びらに見えるのは「額」なんですよね!)6月に入ってからは、日に日に大きくなり、色も変わり、毎朝のランニング時間を楽しませてくれます。

ランニングコース脇の紫陽花

個人的に私が「埼スタらしいなあ」と思うのは額紫陽花。

埼スタと額紫陽花

埼スタと額紫陽花って、なんかシルエット似ていませんか? 埼スタは2002年の日韓サッカーワールドカップのときに日本戦も行われましたが、その「サムライブルー」の雰囲気にもぴったりだと思ってます。

白い紫陽花も清楚で美しい

毎年この季節になると、紫陽花と埼スタをどんな構図で入れて写真を撮ろうか、考えながらランニングしています。日ごとに雰囲気が変わるのもまた、楽しいです。

薄いピンクの額紫陽花も見つけました

今年は新型コロナウイルスの影響で、なかなか遠出するのが難しい状況ですが、いつもの街、いつもの風景も季節毎に姿を変えていっています。ちょっと足を止めて、そんな自然の移り変わりに心を和ませていけたらと思ってます。

埼スタだけでなく、そんなお花や自然の美しいところは、美園地区にはまだまだたくさんありそうですよね(なんたって名前が「美しい園」ですから!)。得意のランニングで今後もそんな風景を探して、投稿していきたいと思います。

小谷祐子
小谷祐子
私が紹介しました!
美園に新しく引っ越されたご家族や子どもたちのために何かできたらと思い、応募しました。『 美園人』を通して、私自身ももっとこのまちにかかわっていけたらと思います。
記事一覧