暮らし

行ってきました!3つの市民参加型イベント

2020.04.15暮らし子育て

「美園」では、市民が参加して楽しめる、学べる、役に立つイベントがたくさん。今回は、3つの市民参加型イベントに、実際に参加してみました。定期的に開催されているイベントもあるため、興味を持ったイベントにぜひ、参加してみてください!

「美園トークスタジアム’19-20season」とは?

2020年2月1日に「美園トークスタジアム’19-20season」が開催されました。このイベントは各分野で進行中のまちづくりの現状・進捗を報告する場であるとともに、さらなるまちの発展のため、設定されたテーマについて話し合い、全員で共有し意見交換をするイベントです。今回は「河川空間活用」、「地区内交通環境」、「街並みデザイン」、「地域情報発信」、「子育て環境」の5つのテーマが与えられました。

テーマ毎にグループで分かれて、ざっくばらんな意見交換とアイディア出しが行われました。それぞれ視座の異なる5つのテーマでしたが、“このまちをもっともっとよくしたい”という方向性は同じ。各分野で活躍されている方の意見も聞きながら、まちの現状を把握し、発展的な意見を交換できる機会として、とても有意義な時間でした。

みそのママ集合!「Mama’s Meet Up」~あずけあいママ合コン~

「Mama’s Meet Up」は、近所で子育てを頼り合ったり、アドバイスを貰ったりと、信頼できるママたちと出会える場の一つ。はじめは、参加者のみなさんの自己紹介から。そして、専門知識をもった「ママサポ」が「Mama‘s Meet Up」についての説明をしてくれました。そうこうしているうちに、子どもたちは既に仲良くなり、遊びに夢中です。

「Mama’s Meet Up」の目的は、気軽に子どもたちを預けたり、預かったりできる関係性を広げること。今回のイベントでは、2グループに分かれて、「子育てシェア」アプリを利用して30分程、預け合いを実施しました。

子どもたちの中には、初めてママと離れて、泣き出してしまう子も。それでも、預かる側のママたちは子どもたちの興味に合わせて、奮闘。「まさかそんなに泣くとは思わなかった」といったママからの感想も。親も子も、離れてみたからこそ気付けることがあったり、ほかの家庭の環境に触れられるのは、お互いの成長につながるよい体験となりそう。

ママ同士の交流もでき、困ったときに「子育てシェア」アプリで助けあえる関係性を広げられる「Mama’s Meet Up」。興味のあるママは、ぜひ一度参加してみてください。

「美園」の未来を語り合う「水曜日の雑談カイギ」が開催!

その時々のまちの話題を“雑談テーマ”として、「美園」の未来を語り合う。誰でも参加できるまちの交流の場が、「水曜日の雑談カイギ」です。

記念すべき初回開催に参加し、まずは今回の“雑談テーマ”となっていた「タツノコ商店街」について、説明を聞きます。実はこちら、さいたま国際芸術祭2020関連事業の市民ワークショップ、「サーキュレーションさいたま」で起案されたアイディアの一つ。

浦和美園駅(臨時ホーム)を起点に、仮設屋台を活用しながら地域活性化を図る提案で、“雑談テーマ”として誰もが意見を出したくなる、わくわくするような提案を聞きました。有意義な題材と、ケータリングで提供された美味しい食べ物(「The oldman’s Cafe」さん提供)に、カイギは盛り上がりをみせました。

開催されるのは、毎月第3もしくは第4水曜日の夜を見込んでいます。毎回異なる“雑談テーマ”を扱うので、興味のあるテーマのときだけでも、気軽に参加が出来るイベント。次回以降も目が離せません。

美園人編集部
美園人編集部
私が紹介しました!
美園の過去・現在・未来を伝える『美園人』編集部です。
記事一覧