みそのpick up

“地域のお金は地域で回す!” 8月1日から地域ポイントの取り組みがスタート

2018.07.31

8月1日から「さいたま市みんなで健康WAON」カードを活用した地域ポイント事業「(仮称)さいたまポイント」 がスタートします。まず美園・岩槻地区で導入され、将来的には市内全域に広がっていく予定です。加盟店での買い物だけでなく、まちの活動に参加するほど貯まる・使える、まちを元気にするお得なポイント。生活の新たな楽しみが増えそうです。

point1 加盟店のお買い物で貯める
加盟店で買い物をすると、100円につき1ポイントが貯まります。さらにWAONが使えるお店では200円ごとに1WAONポイントも貯まります!地域の商店と大型店が共存しながら地域を活性化する相乗効果も期待できそうです。

point2 遊んで貯める!地域で活動して貯める!
地域イベント・ボランティア活動への参加によるポイント付与、花火大会をはじめとする地域イベント優待や特産品など、さいたま市だけの“ならでは特典”へのポイント交換を含め、多彩なポイントメニューを順次企画中。ポイントを通して地域交流のきっかけも広がります。遊んで貯める!地域で活動して貯める!

point3 どうやってはじめられるの?
「さいたま市みんなで健康WAON」カードをお持ちの方は、アーバンデザインセンターみその(UDCMi)や一部加盟店でご登録いただけます。カードをお持ちでない方もその場で購入できます。

point4 名称とキャラクターが決まります!
市民に親しまれ、長く愛される地域ポイント事業とするため、地域ポイントの名称およびPRキャラクターデザインを一般公募しました(4月15日~6月15日)。採用される最優秀作品は7月中旬に発表予定です!

INFORMATION

岩槻でも貯まる・使える、地域ポイント! カードを持って出かけよう!

岩槻地区で親しまれていたポイントカード「わくわくカード」が、8月1日に地域ポイントへと生まれ変わります!地域ポイントには、現在の「わくわくカード」加盟店(約80店)が参加予定。飲食店・和菓子店・雑貨店などで、ポイントの付与と利用がはじまります。
江戸時代には城下町として栄え、「日光御成道」沿いに宿場町として発展し、人形のまちとしても知られる岩槻。2019年には「人形博物館」の開館が予定され、まちの活性化が日々進んでいます。岩槻は「大門宿」のある美園とは宿場町同士というご縁の深いまち。 美園でも岩槻でも貯まる・使える、地域ポイントの今後に注目です!

いわつきポイントカード事業協同組合 佐藤理事長より一言
「私たちは岩槻で24年間ポイントカード事業を行ってきました。このたび、美園の皆様と交流を図れる地域ポイントに移行いたします。岩槻はよいところですので、ポイントカードを持って、ぜひ、お越しください。」